スピリチュアルな生き方は心地よい自分から

スイリチュアルな生き方はエネルギーがスムースに流れている

心と体と思考の三つのエネルギーがスムースに流れている心地よさ。どこも引っかからずに流れている心地よさ。
どんな瞬間でも良いから。

そこからスピリチュアルな生き方がはじまります。スピリチュアルな生き方はつまるところ心地よさのこと。
非難も罪悪感もこうでなければならないという計らいもない、自己肯定の状態を持つこと。

自分が自分であることに安心する生き方ことです。

自分を見張っていることを知っていますか

私たちは大抵集団の中にいるので、行動の仕方や話し方、考え方や感情の持ち方までも集団の規範に合わせようとします。
そのためつねに自分を見張っているいるのですね。

それはそれで良いことです。集団の中で良い評価を受けることは重要ですし、居心地の良い場面を多く作ることができます。ですが、それをずーと続けているとそういう態度が習慣化して、自分の本来の感じ方がわからなくなるかもしれません。

でも今は自制しなければならないことが多くて、ストレスがいっぱいです。こういう時こそ心地よい自分を思い出してください。

「今」はやがて昨日になり一昨日になり過去になります。今は自制心が大切ですが、明日は違うかもしれません。柔軟な心構えが必要になってきます。

心地よい自分を覚えていますか

自分が心地よいと思ったことを思い出してください。

どんなふうに振る舞おうかとか、ちょっと調子悪いけど気にしないでおこうとか。あれこれ計らわないでいる時の自分。
好きなドラマをみている時や真剣にゲームをしている時、この頃よくやったとほめながら自分をほぐしている時。何かに集中していたり、完全にリラックスできている時など

心地よい時が流れている時は、安全で安心しています。レイキヒーリングの時のリラックスした状態のような。

心地よい自分を作る

エネルギーがスムースに流れているとき、私たちはとても自分を心地よく感じることができます。
エネルギーのスムースな流れを作るためには、「思いと言葉と行い」を一致させることが大切です。

そのためには自分が本当に欲しいもの、必要なこと、しなければならないことを知っている必要があります。

それが自分のためになっていると知っていればやりがいのあることになり、エネルギーはスムースに流れていきます。できる自分は心地よい自分でもありますね。

それから、レイキヒーリングもお勧めです。心地よさを取り戻すきっかけになりますので。